【化粧品アナリスト選抜】洗顔料のおすすめ商品・人気ランキング10選

【化粧品アナリスト選抜】洗顔料のおすすめ商品・人気ランキング

綺麗・清潔な肌を保つために、洗顔は必要不可欠です。最近では、女性はもちろんのこと、男性も洗顔料を使って洗顔をすることが一般的になってきました。男性用や女性用と商品が分かれているケースも多いですが、実際はどのような違いがあるのでしょうか?男性は女性用を使ってはいけないのか(逆も然り)?どんな洗顔料が自身の肌に合っているのか?この記事では、そういった疑問を男女の境なしにおすすめ洗顔料と合わせて解説していきます。 おすすめ洗顔料紹介はこちら

自己紹介

略歴
大学卒業後、化粧品メーカーに入社。入社後は、商品企画部に所属し、多くの化粧品開発に携わる。長年、化粧品開発の現場に身を置いているが、「売れる化粧品」と「肌に良い化粧品」が違うことに疑問を抱き、啓蒙活動の一環として当サイトの運営を決意。化粧品成分上級スペシャリストや化粧品検定1級保持など、美容・化粧品関連の資格を多数保有し、知識と経験を生かした記事を執筆中。

男女の肌の違い

洗顔料を検討する前にまずは男女の肌の違いについて知っておく必要があります。違いを大きく分類すると、皮脂量・水分量・肌の厚みが挙げられます。簡単にまとめると以下の表のとおりです。詳細は以下で順番に解説していきます。
性別 女性 男性
皮脂量 少ない 多い
水分量 多い 少ない
肌の厚み 薄い 厚い

皮脂量は3倍のギャップ

男性は女性より3倍多くの皮脂を分泌すると言われています。そのため、夕方ごろになってくると男性のおでこや鼻あたりといったいわゆるTゾーンを中心に顔がテカテカしてくるのです。皮脂分泌が多いと不潔な印象を与えてしまうだけでなく、皮膚炎や吹き出物などの肌トラブルにも繋がってしまうため、要注意です。

水分量は2倍のギャップ

男性は肌のテカテカのせいで自身の肌は潤っていると勘違いしている人も少なくありません。しかし、実際は男性の肌は一般的に女性の肌より水分量が50%程度ありません。そして、油分は水分の不足を補う役割もあるため、一生懸命に洗顔やフェイスペーパーなどで油を落としても水分不足を補うために皮脂を分泌していくので、肌のテカリは一向に改善されません。そればかりか乾燥肌、シワなどの肌トラブルの原因となります。

肌の厚みが違う

男性の肌は女性の肌よりも厚みがあります。そのため、紫外線などの外的ダメージを受けにくいというメリットはありますが、一方でキメが荒くガサガサとした肌になりがちです。また、スキンケアなしで完全に防ぎきれるほどではないので、蓄積されたダメージがシミなどになって40代ぐらい表面に出てきてしまいます。

男女の洗顔料の特徴

男女の肌の違いについてはご理解いただけたと思いますが、それでも男女の洗顔料はどのような違いがあるのかは、まだわからないはずです。もちろん全商品が同じ傾向にあるわけではないですが、一般的にどういった違いがあるかを解説していきます。

男性用洗顔はスッキリ感が主流

メンズ洗顔とPRしている洗顔料の多くは、「汚れや皮脂をしっかり落とす」「洗顔後スッキリ」といったように洗浄力や爽快感に重きを置いた商品設計になっています。洗浄力を高くしたり、エタノール・メントールなどの清涼成分を配合したりして、保湿成分や油性成分はほとんど配合されていません。これは、男性が自身の肌質を正しく理解せず、とりあえず油をしっかり落としたいという気持ちによるものだと思われます。

女性用洗顔は毛穴ケアと低刺激が主流

女性用(あくまで男性用と区別するための呼称)の洗顔料は、毛穴の黒ずみ対策や低刺激・洗いあがりにつっぱらないなどを謳う洗顔料が多いです。メイクをする女性は黒ずみが発生しやすいですし、かつキメの細かい肌を持っているため、毛穴ケアと低刺激は重要な要素になっています。

結論!どちらの洗顔料を使うべき?

上述のとおり、男性と女性では肌の違いやニーズの違いなどから商品設計が男女で異なることがよくあります。しかし、実はメンズ洗顔といっても肌に優しく、洗顔後の潤いにこだわっている洗顔料もあれば、一方で女性用でも洗浄力の強い洗顔料があります。そうした中で大事なことは、自分の肌質をしっかり把握し、成分をしっかり確認して適切な洗顔料で正しく洗顔することです。ブランド名も価格も関係ありません。次の項目では、どのような要素で洗顔料を選ぶべきか解説していきます。

洗顔料の選び方

洗顔料の選び方
ここでは、肌の悩み、年齢、洗顔料タイプからそれぞれの特徴を紹介し、それを踏まえてどのような洗顔料を選択するべきかを解説していきます。

【肌の悩み別】洗顔料の選び方

乾燥肌や敏感肌など肌の悩みがそもそも把握できていない方や具体的に悩みは把握しているものの、どういった洗顔料を選ぶべきかわからない方は以下を洗顔料選びの参考にしてください。

ニキビ肌

ニキビは毛穴に皮脂が詰まり、出口が炎症を起こしてしまうことで発生します。ニキビ対策として皮脂を落とすことが大切である一方、皮脂の落としすぎは肌の乾燥につながり、さらなる皮脂を分泌する怖れもあります。また皮脂をしっかり落とす洗顔料は洗浄力を高めている可能性もあり、その場合刺激性も懸念されますので、慎重に選ぶ必要があります。そのため、ニキビ肌の方の洗顔料としては、石けん系の界面活性剤の中でも刺激性のあるラウリン酸を避けつつ、グリチルリチン酸2Kのように抗炎症作用がある成分が配合されているものがおすすめです。

乾燥肌

肌が、比較的脂っぽくなく(ヌルヌルせず)カサつき(粉ふき)やすい。 洗顔後は、肌がつっぱりやすいなどの状態がみられる方は乾燥肌でしょう。
乾燥肌の方の洗顔料としては、洗浄力の高い界面活性剤(ラウリン酸)を避け、保湿成分や油性成分が配合されているものを選ぶことをおすすめします。

脂性肌

肌が、比較的脂っぽい(ヌルヌルする)カサつきづらく、肌に潤いが感じられる。洗顔後にも、肌がつっぱらない方は脂性肌でしょう。
脂性肌の方は気持ちとしては、しっかり皮脂が落ちる洗顔料を選びそうですが、最初の方でも紹介したように必要以上に皮脂を落とすと、かえって、皮脂を分泌することになります。洗顔料としては、他の肌質の方よりは洗浄力の高さに気を付けなくてもいいですが、それでもできるだけラウリン酸は無配合の方がおすすめです。

混合肌(乾燥型脂性肌)

肌が、比較的脂っぽい(ヌルヌルする)が、肌に潤いがなく、カサつき(粉ふき)やすい。洗顔後は、肌がつっぱるなど、脂性肌にもかかわらず乾燥肌の特徴を持つ方は混合肌でしょう。
この肌質の方は、先に肌のバリア機能を高めることが大事ですので、乾燥による水分不足は避けなければなりません。そのため、乾燥肌の方と同様に洗浄力の高い界面活性剤(ラウリン酸)を避け、保湿成分や油性成分が配合されているものを選ぶことをおすすめします。

敏感肌

肌が敏感な型の特徴は、以下の通りです。
敏感肌の特徴
(1)カミソリ後、肌が赤くなる。いわゆる剃刀負けしやすい。
(2)外用薬や香水にカブれたことがある。
(3)冬場、温度変化で顔がすぐに赤くなる。
(4)洗顔後、アルコール成分のある化粧品を使うと染みる。
敏感肌の方の洗顔料は、特に低刺激が大事です。刺激のあると思われる界面活性剤のラウリン酸、添加物のエタノール、パラベンなどはしっかり確認のうえ、無配合のものを選ぶようにしておきましょう。

【年齢別】洗顔料の選び方

20代と50代の男性でも同じ基準で洗顔料を選んで問題ないのかという質問もよく聞きます。もちろん、ご自身の肌の状況に応じて選ぶことが一番大切ですが、年齢ごとの傾向を知りたいという方は、以下の年齢別の肌質をご確認ください。

10代・20代

皮脂の分泌量が多い10代、20代はニキビやできものなどができやすい時期です。皮脂をしっかり落として、ニキビ対策をするためには、ニキビへの薬用有効成分(グリチルリチン酸2K)配合の洗顔料を選ぶのがおすすめです。しかし、皮脂が多いからといって、洗顔のしすぎや皮脂の落としすぎは要注意ですので、洗顔後は保湿ケアをするようにしましょう。

30代

一般的に皮脂の分泌が落ち着いてくるといわれてい30代は、ニキビのような肌トラブルは少なくなりますが、一方で肌の潤いが失われて、乾燥肌に伴うトラブルが増加してきます。乾燥肌を放置しておくと、肌荒れや敏感肌への肌トラブルにつながります。そのため、肌に潤いを与えながらも洗浄力は一定程度あるメンズ洗顔料を選ぶのがおすすめです。保湿成分と洗浄力のバランスが重要です。

40代・50代

40代、50代は30代よりも皮脂分泌は落ち着きますが、水分量も少なくなってきます。そのため、より一層、乾燥対策は大事になります。洗浄力はほどほどにしつつ、低刺激や保湿力のある洗顔料に注目することがおすすめです。また、今まで積み重なった肌へのダメージがシミとなって出始める年齢でもあるので、エイジングケアもできる洗顔を選ぶことも良いと思います。

【タイプ別】洗顔料の選び方

洗顔と一口に言っても、形状は様々です。以下、現在の主流になっている「石鹸タイプ」「ポンプフォーマー(泡洗顔)タイプ」「クリーム・ペースト状(洗顔フォーム)タイプ」を紹介します。これら以外に、洗顔料の形状としては、「クレンジングジェルタイプ」「粉状・粉末(パウダー洗顔)タイプ」などがありますが、主要である3タイプの特徴を知っておくだけで十分でしょう。

石鹸

洗顔料タイプ/石鹸
石鹸は大昔から使われてきたため、なんとなく肌に優しいイメージがあります。事実、微生物によって分解されやすく、環境に優しいものです。 さて、石鹸とは弱酸性の脂肪酸と強アルカリを反応させた弱アルカリ性の洗浄剤です。石鹸タイプは洗浄力が強いため、しっかりと汚れを落とします。

ポンプフォーマー(泡洗顔)

洗顔料タイプ/ポンプフォーマー
ポンプを押すと泡で出てくるタイプの洗顔料です。中身の液体は水で薄めた界面活性剤です。水で薄めてある分、石鹸や洗顔フォームよりも界面活性剤が薄く、コスパはいいとはいえません。また、水分を多く含むため、防腐剤の量も多く添加せざるを得ません。 簡単に泡が出てくるため、便利で魅力的ですが、商品によってはデメリットも多いかもしれません。

クリーム・ペースト状(洗顔フォーム)

洗顔料タイプ/クリーム・ペースト状
今市場に出回っている一般的な洗顔料です。多く出回っているため、種類が豊富です。 大分類すると、石鹸と同じく弱アルカリ性タイプ(石鹸系)や、洗浄力がマイルドな弱酸性タイプ(アミノ酸系)があり、目的に応じてベースの界面活性剤を選択できます。ペースト状のため、泡立ちやすいという点も魅力的です。

【化粧品アナリスト選抜】おすすめ洗顔料10選

ここでは、男性、女性に関わらず使用できるおすすめの洗顔料を10商品ご紹介します。特徴や詳細を書いていますので、洗顔料選びの参考にしていただけたら幸いです。評価は成分面だけではなく、判断せず、実際に使用し、毎日の洗顔に大切な泡立ちや肌への刺激も評価に加えて総合評価を算出しています。

HOLO BELL(ホロベル) エッセンシャル保湿ウォッシュ

HOLO BELL(ホロベル) エッセンシャル保湿ウォッシュ
【 総合評価 】
評価4.8/5.0
おすすめ洗顔度
成分
(5.0)
お肌への優しさ
(5.0)
泡立ち・使用感
(4.5)
コスパ
(4.0)
総評
ベースの洗浄剤は石鹸系で、バランスの良い処方です。さらに、驚くべきは、保湿成分が25種類も配合されている点です。また、男性用の洗顔は、スーッとする爽快感を重視したものが多い中で、HOLO BELLの洗顔は、洗い上がりに潤いを感じるほどの徹底した保湿重視の洗顔料です。 石鹸系の優れた洗浄力と豊富な保湿成分で、汚れをしっかり落とす洗浄力と、肌に潤いを残す機能性がある画期的な商品です。 また、お肌への刺激の高いラウリン酸を不使用にし、気になる7つの主要な添加物も無配合なので、お肌に優しい設計。一方、石鹸系の洗顔料の特徴である濃密な泡立ちをしっかりと実現しており、泡立ちの良いバルクオムと比較しても遜色のない優れた使用感です。

口コミ

今まで使っていた洗顔料に比べると、泡が濃密で、使いやすいです。洗顔後、肌が乾燥しないような気がします。
     
商品名 HOLO BELL(ホロベル) エッセンシャル保湿ウォッシュ
価格 2,200円(120g)
タイプ 洗顔フォーム
使える肌質 乾燥肌、ニキビ肌、脂性肌、敏感肌
使える年代 20代、30代、40代
ポイント25種類の保湿成分配合かつ7つの添加物フリーのおすすめの洗顔料◎
詳細レビュー当サイトレビューはこちら

筆者

しっかり汚れを落とすけど、刺激が少ないので、肌質を選ばず使えますし、特にニキビ肌の方は使いやすいと思います。

ACアクティブ(NOV)

ACアクティブ(NOV)
【 総合評価 】
評価4.4/5.0
おすすめ洗顔度
成分
(4.5)
お肌への優しさ
(4.0)
泡立ち・使用感
(2.5)
コスパ
(3.5)
総評
サリチル酸やグリチルリチン酸2Kとニキビに有効な成分がしっかりと配合されています。また、洗浄成分もアミノ酸系界面活性剤を使用しているため、マイルドな洗浄力になっています。しかしながら、泡立ちはそれほど良くないため、洗顔ネットで泡立てをサポートするようにしましょう。泡立ちが悪いと、使用量が増えてしまい、結果肌に刺激のある泡になってしまいますので、正しい使用量で泡立てるようにしましょう。 価格はやや高めではありますが、ニキビに悩む方には、良い洗顔料だと思います。

口コミ

日に日に顎下のニキビがなくなってきています。使ってみて良かったです。
     
商品名 ACアクティブ(NOV)
価格 3,750円(1oog)
タイプ 洗顔フォーム
使える肌質 乾燥肌、ニキビ肌、脂性肌
使える年代 20代、30代
ポイント毛穴詰まりを取り除くマイルドピーリング作用

筆者

ニキビに有効な成分を多く配合していることに加え、アミノ酸系界面活性剤でマイルドな洗浄力にしている点が良いです。

ソンバーユ馬油石鹸(薬師堂)

ソンバーユ馬油石鹸(薬師堂)
【 総合評価 】
評価4/5.0
おすすめ洗顔度
成分
(3.0)
お肌への優しさ
(4.5)
泡立ち・使用感
(2.5)
コスパ
(4.0)
総評
馬油を主原料として作られている界面活性剤フリーの洗顔料です。洗浄成分が入っていないため、洗浄力は低いですが、その分、肌に優しく使えるため、肌質を選ばず洗顔できると思います。ただニキビに有効な成分も入っていないので、ニキビ対策という点では難しいかもしれませんし、泡立ちも良くないので、その点は気を付けた方がいいですね。しかし、全体的には良い洗顔料だと思います。

口コミ

]肌に優しく、とても使いやすい。石鹸としては安くないけど、洗顔料として考えるとかなり安い
     
商品名 ソンバーユ馬油石鹸
価格 2,378円(6個)
タイプ 石鹸
使える肌質 乾燥肌、脂性肌、ニキビ肌、敏感肌
使える年代 20代、30代、40代
ポイント非常にシンプルな石鹸でオールマイティに使えます◎

筆者

馬油を主原料とした界面活性剤フリーの石鹸です。洗浄力は高くないですが、肌には優しいので誰でも使えると思います。

キュレル 皮脂トラブルケア泡洗顔料

キュレル 皮脂トラブルケア泡洗顔料
【 総合評価 】
評価3.8/5.0
おすすめ洗顔度
成分
(3.5)
お肌への優しさ
(3.0)
泡立ち・使用感
(2.0)
コスパ
(2.0)
総評
ポンプタイプの泡洗顔料で、泡立てることが面倒という男性ににオススメの洗顔料です。ただし、一般的にポンプタイプは水を多分に含ませることで、泡で吐出させることができているため、品質維持にやや刺激の強い防腐剤を配合したり、洗浄力が弱かったりします。キュレルの泡洗顔料についても同様であり、パラベンが配合されているのが懸念材料です。また、洗浄成分のラウロイルアスパラギン酸Na液はラウリン酸由来ですが、アスパラギン酸(アミノ酸系)と合わせることで、比較的刺激が弱い処方になっています。その分、洗浄性はやや不十分かもしれないです。

口コミ

アラフォーですが、愛用しています。敏感肌の私でも顔がピリピリならないし、さっぱりとした洗い心地が気に入っています。
     
商品名 キュレル 皮脂トラブルケア泡洗顔料
価格 1,320円(150ml)
タイプ
使える肌質 乾燥肌、ニキビ肌、敏感肌
使える年代 30代、40代
ポイントアミノ酸系洗浄剤と有効成分”グリチルリチン酸2K”が◎
詳細レビュー当サイトレビューはこちら

筆者

泡立ちが悪く、脂性肌の男性が使うには洗浄力に物足りなさを感じるかも。

メンズソープ(BUSO)

メンズソープ(BUSO)
【 総合評価 】
評価3.6/5.0
おすすめ洗顔度
成分
(3.5)
お肌への優しさ
(3.0)
泡立ち・使用感
(3.0)
コスパ
(1.5)
総評
こちらは保湿成分が配合された透明石鹸タイプです。洗浄力は高いものの、保湿成分も含まれており、バランスがいい石鹸です。石鹸で洗顔する場合、泡立てが面倒ですが、泡立てネットも付属しているため、簡単に泡立たせることができます。また、防腐剤・凝固剤・着色料・香料無添加ということなので、それらの添加物が肌に合わない方にとっては嬉しいですね。残念なのは、やや割高なところです。

口コミ

]専用の泡立てネットを使うとキメの細かい泡ができるので肌の負担も軽減され、市販の洗顔料と比べても肌がつっぱらないし、洗い上がりも潤いが残っていて、いいです。ただ値段はそこそこ高いですね。
       
商品名 メンズソープ(BUSO)
価格 2,860円(1個)
タイプ 石鹸
使える肌質 乾燥肌、脂性肌、敏感肌
使える年代 20代、30代、40代
ポイントヒアルロン酸やグリコシルトレハロースなど、保湿成分たっぷりが◎
詳細レビュー当サイトレビューはこちら

筆者

保湿成分が配合されていて、添加物も控えな石鹸なので、安心して使えます。泡立ちは良くないかも・・・。

洗顔専科 パーフェクトホイップ u(専科)

洗顔専科 パーフェクトホイップ u(専科)
【 総合評価 】
評価3.6/5.0
おすすめ洗顔度
成分
(3.5)
お肌への優しさ
(2.5)
泡立ち・使用感
(3.0)
コスパ
(4.0)
総評
資生堂ブランドの1つである「専科」が発売しているCMでお馴染みの洗顔料です。CMでは泡立ちがフォーカスされていますが、泡立ちは他の洗顔料と大きく変わるものではなく、特徴はしっとり感です。洗浄成分の中でステアリン酸を1番多く配合している点は評価できますが、やや刺激が懸念されるラウリン酸も入っているため、そこで泡立ちをサポートしているようです。また、PEG-8はしっとり感を醸成しますが、一方で刺激性があると言われる成分であるため、これが高配合されているとなる点が、少し注意です。さらにエタノールも配合されているので、敏感肌や乾燥肌の方は長期的に避けておくほうがいいかもしれません。ただ価格の割に使用感は悪くないので、あまり刺激等が気にならない方は使いやすい洗顔料です。

口コミ

よく泡立つし、洗い上がりも気持ち良いです。コスパが良いのでおすすめです。
     
商品名 洗顔専科 パーフェクトホイップ u
価格 578円(150g)
タイプ 洗顔フォーム
使える肌質 脂性肌
使える年代 20代、30代
ポイントより洗い上がりの肌にうるおいを感じる、うるおい導入技術採用。

筆者

資生堂の独自技術を使っているものの、ラウリン酸やエタノール、PEG-8の配合は刺激が懸念されます。ただ、しっとり感は感じやすい成分ですね。

洗顔パスタ 海泥スムース(ロゼット)

洗顔パスタ 海泥スムース(ロゼット)
【 総合評価 】
評価3.6/5.0
おすすめ洗顔度
成分
(3.5)
お肌への優しさ
(2.5)
泡立ち・使用感
(3.0)
コスパ
(4.0)
総評
Amazonで常に洗顔フォームランキング上位に位置しているロゼットシリーズの洗顔料です。ミリスチン酸は洗浄力も高く、泡立ちも良くできます。ただし、ラウリン酸ほどではないにしても若干の刺激性が気になります。この洗浄成分を中心として、さらにタルク・カオリン(いわゆるクレイ洗顔といわれる成分)を配合することで、皮脂吸着力を上げて、洗浄力を高めています。ラウリン酸が多少配合されている点も気になりますが、全体評価としては、洗浄力の割には刺激は普通といった感じです。ただし洗浄力に特化したような洗顔料ですので、洗顔後は入念な保湿ケアをしていきましょう。

口コミ

クレイ洗顔ですが刺激は強くなく、程よいです。ただ、洗浄力が強いので、すぐに保湿が必要な気もします。
     
商品名 洗顔パスタ 海泥スムース(ロゼット)
価格 825円(180g)
タイプ 洗顔フォーム
使える肌質 脂性肌
使える年代 20代
ポイントきめ細やかな海泥パウダーを含んだ濃密泡が、余分な皮脂や汚れを吸着し、からめ落とす

筆者

タルクやカオリンで皮脂吸着力を高め、ミリスチン酸を高配合することで洗浄力を高めていますが、刺激が心配というレベルでもなく、脂性肌の方にはおすすめしやすい洗顔料です。そして、潤いというレベルでもありません。

どろ豆乳石鹸 どろあわわ(健康コーポレーション)

どろ豆乳石鹸 どろあわわ(健康コーポレーション)
【 総合評価 】
評価3.4/5.0
おすすめ洗顔度
成分
(2.0)
お肌への優しさ
(2.0)
泡立ち・使用感
(4.5)
コスパ
(2.0)
総評
泡立ちはかなりいいです。濃密な泡で、とっても気持ちよく洗顔できるでしょう。しかしながら、機能面で見ると洗浄力が高い石鹸といったところで、汚れとともに肌の水分、潤いを落としてしまう恐れがあります。吸着性の高い泥の成分が、肌の皮脂汚れはしっかり洗い落とすので、皮脂の過剰分泌が原因のニキビ対策としては一定の効果があるかもしれません。

口コミ

泡立ちもよく、顔の汚れを全部吸い取ってくれる感覚はあります。しかし、コスパが悪く量も少ないのですぐに他の製品に乗り換えたくなります。
     
商品名 どろ豆乳石鹸 どろあわわ
価格 2,728円(110g)
タイプ 洗顔フォーム
使える肌質 脂性肌
使える年代 20代
ポイント濃密な泡ができやすいのが◎
詳細レビュー当サイトレビューはこちら

筆者

濃密泡で気持ちのいい洗顔ができますが、洗浄力が強いので、長時間、泡を肌につけないようにしましょう。

然よかせっけん(長寿乃里)

然よかせっけん(長寿乃里)
【 総合評価 】
評価3.0/5.0
おすすめ洗顔度
成分
(3.0)
お肌への優しさ
(3.0)
泡立ち・使用感
(3.5)
コスパ
(1.5)
総評
ニキビに有効な成分であるグリチルリチン酸ジカリウムが配合されている点は良いと思います。大事な洗浄成分では、ラウリン酸、ミリスチン酸の順番で配合しているので、肌への優しさというより、洗浄力や泡立ちを中心に設計された洗顔料になっています。泡立ちや洗浄力は良いので、スッキリとした洗いあがりを求める方は使ってもいいかと思いますが、ニキビ肌対策や乾燥肌、敏感肌の方は刺激や乾燥に要注意な洗顔料です。

口コミ

食器洗い洗剤のCMのようなキュっといいそうな洗いあがりで、今までにない気持ち良さでした。
     
商品名 然よかせっけん
価格 2,817円(80g)
タイプ ジャータイプ
※手ですくう洗顔フォームのイメージ
使える肌質 脂性肌
使える年代 20代
ポイント1つ1つ手作りで練り上げた石けん

筆者

ラウリン酸を洗浄成分の中で一番多く配合していて、グリチルリチン酸ジカリウム以外はさほど特徴的ではないですが、スッキリしたい人にはおすすめです。

PRIMARY(プライマリー)Non. A (ノンエー)

PRIMARY(プライマリー)Non. A (ノンエー)
【 総合評価 】
評価3.0/5.0
おすすめ洗顔度
成分
(4.0)
お肌への優しさ
(3.5)
泡立ち・使用感
(3.0)
コスパ
(2.0)
総評
保湿成分や消炎作用成分がたくさん配合されている医薬部外品石鹸です。ローヤルセリーやスクワラン、ヒアルロン酸、そして、2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液(リピジュアⓇ)という特徴的な保湿成分は、水で洗い流した後も、皮膚に残留し保湿性を発現します。有効成分のグリチルリチン酸ジカリウムは、炎症を抑える効果が期待でき、ニキビ肌にもおすすめできます。また、香料などの添加物の配合は控えめですが、一方でラウリン酸という刺激性が懸念される洗浄剤が配合されているのが残念です。石鹸は減りが早く、価格的には割高で、形状的に使いづらい点を除いては、いい洗顔料だと思います。

口コミ

石鹸ですが、泡立ちもよく、使いやすいです。
     
商品名 PRIMARY(プライマリー)Non. A (ノンエー)
価格 3,535円(1個)
タイプ 石鹸
使える肌質 ニキビ肌、脂性肌
使える年代 20代、30代
ポイントこれまでにない豊かな泡立ち やさしく洗い上げる泡を作り出す
詳細レビュー当サイトレビューはこちら

筆者

しっかり汚れを落とすけど、刺激が少ないので、肌質を選ばず使えますし、特にニキビ肌の方は使いやすいと思います。

正しい洗顔方法

洗顔料の種類からおすすめ商品まで紹介してきましたが、どれだけ良い洗顔料を使っても、洗顔方法が間違えていたら、マイナスに働くので、ここでは正しい洗顔方法を解説します。以下の順番で正しく洗顔をしていきましょう。

しっかりと泡立てる(泡立てネットがおすすめ)

正しい洗顔方法/泡立て
正しい洗顔の一番のポイントは、泡作りです。洗顔料と少しの水を手にとって、勢いよく泡立てます。ポイントは水を適宜加えながら空気を含ませながら泡立てることです。こうすることで、スムーズに質の高い泡ができるようになります。 泡立てが苦手という方は、もちろん100円ショップなどで販売している泡立てネットを使っても問題ありません。ただし、もしもう少しだけお金をかけられるのであれば、4重構造になっている大きめの洗顔ネットを買ってみましょう。良い洗顔料を泡立てずに使うのであれば、安価な洗顔料を洗顔ネットで十分に泡立てて使う方がいいです。それほど泡立ては重要です。しっかり弾力のある泡は、肌を傷つけず、また、リラックス効果も期待できます。

優しく、肌をこすらない”泡洗顔”

ぬるま湯で軽く顔をすすぎ、肌の汚れを浮かした状態で、しっかりと泡立てた泡を優しく塗ります。手で肌を擦らず、泡を滑らせるだけで、肌の皮脂・汚れは落ちます。 ニキビがある場合は、より優しく行い、摩擦による肌への負担をなくしましょう。

洗顔は短く、すすぎはしっかりと

弾力のある泡を、肌に滑らすように20秒ほど洗ったら、もう充分です。長い時間、肌に洗顔料をつけていると、洗浄成分が必要以上に皮脂を吸着し、落としすぎてしまいますし、界面活性剤が肌に残りやすくなってしまいます。すすぎはしっかり行い、界面活性剤の残留を防ぎましょう。 また、すすぐ際はできるだけ32~34度ぐらいのぬるま湯で洗顔しましょう。熱すぎたり、冷たすぎりすると、肌にダメージを与えてしまう可能性があるため、要注意です。

洗顔後は絶対に保湿をする

乾燥肌向けの洗顔料であっても、洗顔後の肌は必ず乾燥します。それは界面活性剤(洗顔料)を使用しない水洗いであっても同じです。水が蒸発するものですので、肌の水分も一緒に蒸発します。 洗顔後は必ず、化粧水やオールインワン型のスキンケアアイテム等を用いて保湿し、乾燥対策を行いましょう。

最後に

以上、洗顔料の基本的な部分から商品の選び方・おすすめ商品まで紹介してきました。 洗顔で大切なことは企業のPRに踊らされることではなく、自身の肌に合った成分・使用感の洗顔料を選び、正しく洗顔をすることです。自身の肌質がいまいち把握できていない人はとりあえずはどの肌質でも使えそうなものから試してみることをおすすめします。実際に試してみて、もう少し洗浄力が必要か、肌への優しさが必要かを見極めていければそれで大丈夫です。
泡立ても含めて洗顔方法も肌を清潔に保つために、とても重要な要素になってくるので、もし泡立て方法が難しいという場合は迷わず洗顔ネットを使ってください。驚くほど簡単に泡立ちます。そして、結局洗顔料も洗顔ネットも良くわからないとなった場合は、とりあえずHOLO BELLのエッセンシャル保湿ウォッシュ&ウォッシュネットを使ってみることをおすすめします。洗顔ネットがついてくる洗顔料セットで、日々の洗顔が格段に良くなるはずです。 HOLO BELLのエッセンシャル保湿ウォッシュ&ウォッシュネット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です