「クワトロボタニコ ボタニカル オイルコントロール & フェイスクレンザー」を徹底解説 –植物エキスが特徴の洗顔料

クワトロボタニコ ボタニカル オイルコントロール & フェイスクレンザー

今回は、QUATTRO BOTANICO(クワトロボタニコ)ボタニカル オイルコントロール&フェイスクレンザーというメンズ洗顔料のご紹介です。ブランド名から、植物由来の成分が配合されて、お肌に優しそうな印象があります。ブランド名からイメージできるように、QUATTRO BOTANICO(クワトロボタニコ)は全商品に共通して、植物エキスを配合しています。植物エキスは、肌に作用する成分ではあるものの、効果を実感しづらい難しい成分です。詳しく見ていきましょう。 (価格は2019年6月30日時点を表記) ウェブサイトはこちら
(QUATTRO BOTANICO(クワトロボタニコ)公式サイト)

総合評価

おすすめ洗顔度
総合評価
(3.0)
成分
(3.0)
お肌への優しさ
(2.5)
泡立ち・使用感
(4.0)
コスパ
(3.0)
総評
典型的な石鹸系洗浄成分配合の洗顔料で、しっかり汚れを落とすにはもってこいの洗顔料です。エタノールなどやメントールなどの配合はありませんが、しっかり洗い流せるので、爽快感のある洗い上がりが期待できます。さらに、爽やかな香りで、添加物が少ない点がいいですね。一方で、成分的には保湿成分がほぼ入ってないため、洗いすぎには注意の洗顔料です。洗顔後の保湿は必ず行いましょう!

商品名QUATTRO BOTANICO(クワトロボタニコ) ボタニカル オイルコントロール&フェイスクレンザー
金額1,944円(120g)
全成分水/ミリスチン酸/グリセリン/水酸化K/ステアリン酸/ステアリン酸グリセリル/パルミチン酸/BG/オウゴン根エキス/ビルベリー葉エキス/チガヤ根エキス/チャ葉エキス/オレンジ果汁/ライム果汁/リンゴ果実エキス/レモン果汁/グレープフルーツ果実エキス/ナツメ果実エキス/サンザシエキス/海シルト/サンゴ末/ベルガモット果実油/ローズマリー油/マンダリンオレンジ果皮油/ステアロイルグルタミン酸Na/スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Na/ジイソステアリン酸ポリグリセリル-10/PEG-8/ポリクオタニウム-10/カルボマー
備考皮脂や毛穴汚れをすっきり落としながら、肌の水分・油分のバランスを整えてスキンケア。くすみ・ごわつきの原因となる古い角質まで洗い流す。

特徴・使用感

ポイント①:洗浄性

洗浄成分

石鹸系の洗顔料なので、洗浄力は高く、しっかり汚れを落とします。しっかり洗いたい人にはおすすめですが、乾燥肌の方や冬場の使用には、少々洗浄力が強すぎる場合もあります。

ポイント②: お肌への優しさ

一般的に、石鹸系の洗浄成分はお肌に優しいのです。しかし、洗浄成分のバランスをみると、石鹸系の中でも、肌への優しさより、洗浄力や泡立ちに特化している印象です。乾燥肌や敏感肌は購入前に良く検討しましょう。
Good point
一方、肌の炎症を抑える作用が期待できる植物エキスなどが配合されているので、皮脂の過剰分泌が原因のニキビ肌にはいいですね。

ポイント③: 泡立ち・使用感

QUATTRO-BOTANICO(クワトロボタニコ)・泡立ち
QUATTRO-BOTANICO(クワトロボタニコ)・泡立ち

非常にマニアックな話をすると、石鹸系洗浄剤の泡立ちの鍵「ミリスチン酸」が多く配合されているため、泡立ちは非常にいいです。香り高く濃密な泡はとっても気持ちが良く、使用感は高得点です。

ポイント④:成分

QUATTRO-BOTANICO(クワトロボタニコ)・全成分

成分的な特徴は、植物エキスが多く配合されていることと、添加物の少なさです。植物エキスは炎症を抑えたり、臭いを抑えるものなどが配合されていますが、植物エキスの効果は実感しづらいため、大きな期待はやめましょう。セラミドやヒアルロン酸など、肌に潤いが残るような保湿成分の配合がほぼないのが残念です。
memo
洗顔後の保湿は必ず行いましょう。

ポイント⑤: コスパ

泡立ちがいいので、長く使えます。しかしながら、特徴が少なく、一般的な石鹸に植物エキスを追加したようなものなので、お得な価格は当然といったところです。ペースト化した石鹸として考えるとコスパは普通です。

洗顔選びの道しるべ

香りがいい・しっかり洗い流せる・添加物が少ないという点でおすすめできる洗顔料です。それ以外には、保湿成分が少ないため、洗顔後の保湿を怠ると乾燥してしまう恐れがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です