「ZIGEN(ジゲン)フェイスウォッシュ」を徹底解説 – 口コミで人気のメンズコスメブランド

以前ご紹介いたしましたバルクオムは何かと話題な魅力的なブランドですが、今回ご紹介するブランド・ZIGENは派手さはないものの、口コミでの人気が非常に高いスキンケアブランドです。肌への安全性を重視した商品展開をアピールしている印象です。(あくまで個人的なイメージです。) (価格は2019年6月13日時点を表記) ウェブサイトはこちら
(ZIGEN公式サイト)

総合評価

おすすめ洗顔度
総合評価
(3.0)
成分
(4.0)
お肌への優しさ
(3.0)
泡立ち・使用感
(2.5)
コスパ
(2.5)
総評
ベース成分は、透明の石鹸と同じです。つまり、ZIGENのフェイスウォッシュを一言で表すと「普通の石鹸より肌への負担がやや軽減された石鹸」です。透明な石鹸は、グリセリン等の保湿成分が配合されているため、不透明な石けんよりも、肌に優しくマイルドな洗い上がりになります。透明の石鹸は、洗浄力が弱いため、ニキビ・脂性肌の方には向きませんが、乾燥肌の人にはオススメできます。 保湿剤として配合されているソルビトールは、アクネ菌がやや増殖しやすいという実験結果があります。他の洗顔料よりニキビ対策としての効果は期待できません。正しい使い方で、しっかり対策しましょう! また、泡立ちはいまいちで、濃密な泡が作れるといった商品ではありません。きめの荒い泡です。他の泡立ちのいい洗顔料と比較すると、使用感は見劣りしてしまうかもしれません。 他の使用感としては、メントールのスースーとした揮発性が目立ちます。この使用感は一般的に男性が好むとされていて、メントールやエタノールなど、スースーとした仕上がりになる成分が配合されている商品はたくさんありますが、刺激があり、おすすめできない成分です。透明石鹸タイプのメリットとして、”肌に優しい”という点があるのに、使用感をよくするためにメントールを配合している点が残念です。メントールはZIGENのフェイスウォッシュのコンセプトに合わない成分だと思います。

 
商品名THE FACE WASH
金額2,160円(100g)
全成分水、カリ石ケン素地、グリセリン、ラウラミドプロピルベタイン、コカミドDEA、ソルビトール、プロパンジオール、ヒドロキシエチルセルロース、塩化Na、マンナン、ジオレイン酸PEG-20メチルグルコース、グリチルリチン酸2K、ロイシン、リシンHCI、プロリン、フェニルアラニン、ヒスチジンHCI、パルミチン酸レチノール、バリン、トレオニン、トコフェロール、チロシン、タウリン、セリン、グルタミン酸、グリシン、グアニル酸2Na、イノシン酸2Na、イソロイシン、アルギニン、アラントイン、アラニン、アスパラギン酸Na、アスコルビン酸、コロイド性白金、加水分解コラーゲン、セラミド3、フィトスフィンゴシン、セラミド6Ⅱ、水溶性コラーゲン、コレステロール、カルボマー、ヒアルロン酸Na、プラセンタエキス、ピリドキシンHCL、白金、金、セラミド1、キサンタンガム、カプリルヒドロキサム酸、カプリリルグリコール、メントール、シメン-5-オール、クエン酸/BG、ラウロイル乳酸Na、炭酸水素Na
備考Point.1マンナンスクラブが汚れを吸着して落とす Point.2三大美容成分を洗顔にも配合(セラミド/コラーゲン/ヒアルロン酸) Point.3石鹸ベースなので低刺激で優しい Point.4洗い心地がサッパリ爽快感抜群 Point.5希少な白銀ナノで「男臭さ」スッキリ!

特徴・使用感

ポイント①:洗浄性

洗浄成分

ZIGEN(ジゲン)フェイスウォッシュの洗浄成分は、カリ石ケン素地ラウラミドプロピルベタインコカミドDEA等です。その他のベース成分は、水やグリセリンソルビトールプロパンジオールなどです。 これらの成分から、この洗顔料は透明な石鹸と同じタイプであることがわかります。 透明な石鹸と不透明な石鹸の違いをざっくり説明すると、グリセリンやスクロース(ZIGEN(ジゲン)フェイスウォッシュの場合は、ソルビトール)などの保湿剤の量の違いです。透明な石鹸にはグリセリンやスクロースなどの保湿成分が入っており、肌への負担が優しく、比較的マイルドな洗い上がりです。不透明な石鹸は、透明の石鹸に比べ、脱脂力・洗浄力は強いものの、洗浄力が強すぎて、肌の乾燥を招く恐れがあります。 このように書くと、肌に優しい透明タイプの石鹸は、不透明な石鹸より優れているように思われるかもしれませんが、どちらにも長所短所はあります。 前述したように、透明な石鹸は、保湿剤が含まれており、肌への負担は弱いものの、泡の質はイマイチです。また、洗浄力が強くないのため、皮脂汚れなどが毛穴に残ってしまう恐れがあります。 皮脂の多い方には洗浄力が足りず、洗い上がりのさっぱり感がないかもしれません。
Bad point
肌に優しいものの、洗浄力がマイルドで、皮脂・ニキビの対策としては、オススメできないかも。

ポイント②: お肌への優しさ

前述したように、保湿剤が多く配合された洗顔料のため、洗浄力が比較的マイルドで、肌への負担は優しいです。懸念点は「メントール」の配合です。メントールがスースーと涼しく感じる仕組みは、気化熱です。水分を飛ばして、涼しく感じさせるものなので、肌の水分を奪ってしまいます。使用感は魅力的ですが、肌には優しい成分ではないでしょう。洗顔後の保湿が特に重要です。

ポイント③: 泡立ち・使用感

ZIGEN(ジゲン)・泡立ち
ZIGEN(バルクオム)・泡立ち

泡立ちはいまいちで、泡のキメも荒いです。全体的な使用感はイマイチです。香料の添加はないので、香りが苦手な方にとってはスッキリ使用できるかもしれません。
Bad point
泡に弾力がないので、洗顔の際は手で直接肌を傷付けないように注意!

ポイント④: 成分

フェイスウォッシュ・全成分

成分は豊富に配合されており、特に、セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸等が魅力的ですね。フェイスウォッシュの1番のポイントとして、「マンナンスクラブ」が汚れを吸着する、というものがあります。「マンナンスクラブ」はこんにゃくが原料のスクラブで肌に優しいとされています。しかしながら、「マンナンスクラブ」はネットで泡立てると、全て泡に溶けてしまいますので、特に使用感はないと思います。なお、基本的にスクラブは肌を傷付ける懸念がありますので、その点では本来、配合されていない方が望ましいです。
Good point
アミノ酸や白銀など、配合成分は豊富です。

ポイント⑤: コスパ

少量では泡立ちは泡立たないため、使用料としては約1ヶ月です。割高感があるでしょう。豪華な成分が色々配合されているため、一見魅力的ですが、洗顔料はすぐに洗い流すものなので、保湿成分等は洗顔後の保湿スキンケアで補うことが大切なのです。

洗顔選びの道しるべ

油性肌の方より、乾燥肌の方向けの洗顔です。とは言うものの、洗顔には時間をかけすぎず、素早く洗顔ケアをしてあげましょう!キメが細かくないため、泡をたくさん作って、たっぷりの泡で洗い流しましょう!洗顔後の保湿はしっかりと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です