「BOTCHAN(ボッチャン) BOTクレンジング」を徹底解説 – 天然植物由来成分配合の洗顔料

BOTCHAN(ボッチャン) BOTクレンジング

メンズコスメブランドの「BOTCHAN(ボッチャン)」の特徴は、天然植物由来成分パラベンなど数種類の添加物フリー、そして、一番はパッケージのお洒落さです。 今回ご紹介するBOTクレンジングのパッケージは、優しい青を基調とした美しいデザインです。成分面も悪くありませんが、BOTCHAN(ボッチャン)はデザイン性の高さや香りなど、消費者に「このブランドを使い続けたい。」という気持ちにさせるブランドです。 (価格は2019年6月7日時点を表記) ウェブサイトはこちら
(BOTCHAN(ボッチャン)公式サイト)

総合評価

おすすめ洗顔度
総合評価
(3.0)
成分
(3.5)
お肌への優しさ
(3.0)
泡立ち・使用感
(2.0)
コスパ
(3.0)
総評
こちらは、石鹸系の洗浄剤に加え、アミノ酸系の洗浄剤が含まれた洗顔料です。パラベン・鉱物油・シリコン・アルコール・着色料が無添加で、全体的にバランスがいい洗顔料です。しかしながら、保湿成分の配合が少ないため、洗顔後の保湿は必ず行いましょう。 また、香料の香りが強いため、香りが好きな方にはオススメできますが、苦手な方は購入前に良く検討しましょう。

商品名BOTCHAN(ボッチャン) BOTクレンジング
金額2,052円(120g)
全成分ミリスチン酸、水、BG、グリセリン、ラウロイルメチルアラニンNa、水酸化K、ステアリン酸、グリコシルトレハロース、オクチルドデセス-25、加水分解水添デンプン、ラウラミドDEA、コカミドDEA、ステアリン酸グリセリル、ジステアリン酸グリコール、ソルビトール、ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース、ヨーグルト液(牛乳)、乳酸桿菌/ブドウ果汁発酵液、アーチチョーク葉エキス、トコフェロール、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、グリチルリチン酸2K、1,2-ヘキサンジオール、カプリリルグリコール、フェノキシエタノール、香料
備考メンズとは思えない繊細なクレンジング。近距離でも魅せる柔肌を男子にも。

特徴・使用感

ポイント①:洗浄性

洗浄成分

BOTCHANの公式HPには、「繊細なクレンジング」との記載がありますが、実際は洗浄力は高く、汚れや皮脂をしっかり落とせます。洗浄力が高いので、洗顔時はゴシゴシこすり洗いはせず、良く泡立てて優しく撫でるようにしましょう。

ポイント②: お肌への優しさ

洗浄力が強いものの、安心して使える洗浄成分を配合しており、また、添加物はパラベン・鉱物油・シリコン・アルコール・着色料がフリーです。一方、香料の香りが強いので、注意!また、数年前、発がん性があると噂になった「コカミドDEA」が配合されていますが、個人的には、気にするレベルではないと思います。どうしても気になる方は、全成分表示に「コカミドDEA」が配合されていないものを選びましょう。

ポイント③: 泡立ち・使用感

BOTCHAN(ボッチャン) BOTクレンジング・泡立ち
BOTCHAN(ボッチャン) BOTクレンジング・泡立ち

泡立ちはそこそこです。BOTクレンジングの主洗浄成分であるミリスチン酸は濃密な泡を作り出す高級脂肪酸です。100円ショップなどで販売している洗顔ネットを使用して、たっぷり泡立てて使いましょう。

ポイント④:成分

BOTCHAN(ボッチャン) BOTクレンジング・全成分

保湿成分が少ないです。保湿剤として配合されているのは、グリセリンのみです。
memo
洗顔後の保湿は必ず行いましょう。

ポイント⑤: コスパ

コスパはいいでしょう。少量で泡立つし、2〜3ヶ月は使えます。

洗顔選びの道しるべ

お洒落だし、(個人的には強すぎますが)香りも爽やかなので、素敵な気分で洗顔できるでしょう。一方で、乾燥しやすい洗顔なので、保湿をお忘れなく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です