「オルビスミスター フェイシャルクレンザー」を徹底解説 – Wの吸着洗浄成分配合の洗顔料

今回は、女性に大人気ブランド・オルビスのメンズスキンケアシリーズ「オルビスミスター」のフェイシャルクレンザーというメンズ洗顔料のご紹介です。手軽に買えて、口コミが非常にいいメンズスキンケアシリーズですが、その成分内容は非常にシンプルです。詳細を見ていきましょう。 (価格は2019年7月2日時点を表記) ウェブサイトはこちら
(オルビス公式サイト)

総合評価

おすすめ洗顔度
総合評価
(3.0)
成分
(3.0)
お肌への優しさ
(2.0)
泡立ち・使用感
(4.0)
コスパ
(3.5)
総評
配合成分は非常にシンプルです。肌をケアするような成分の配合はなく、シンプルに肌の汚れを落とすといった洗顔料です。洗浄力の強い石鹸系のベース成分に加えて、吸着性の高いモロッコ溶岩クレイ・炭が配合されていることから、皮脂をしっかり洗い流します。ゴシゴシ洗うと過剰に皮脂を落として、肌を乾燥させたり、肌を傷つけてしまう恐れもあります。乾燥肌の方には洗浄力が高すぎるかもしれません。気泡性が高い洗顔料なので、しっかり泡立てて、優しく洗顔しましょう。洗顔後は、入念に保湿を行いましょう。

商品名オルビス(ORBIS) ミスター フェイシャルクレンザー
金額1,404円(110g)
全成分水、グリセリン、ミリスチン酸、パルミチン酸、ラウリン酸、水酸化K、ステアリン酸、マルチトール、BG、デシルグルコシド、モロッコ溶岩クレイ、炭、グリチルリチン酸2K、ポリクオタニウム−7、セルロースガム
備考ガンコな皮脂汚れや毛穴詰まりにしっかりアプローチする、男性用洗顔料です。 炭とモロッコ溶岩クレイのWの吸着洗浄成分と濃密な泡が皮脂を絡め取り、すっきりすべすべな肌に洗い上げます。

特徴・使用感

ポイント①:洗浄性

洗浄成分

元来洗浄力が高い石鹸系洗浄成分に加えて、肌への吸着性が高い成分が配合されているため、洗浄力は極めて高いです。専門的な話ですが、人の皮質には二種類あり、角質を健やかに保つコレステロールと、皮脂腺から分泌され、毛穴詰まりやニキビの原因となるスクワレンと呼ばれるものがあります。オルビスミスターの主成分であるミリスチン酸とラウリン酸は、どちらも除去する力が強いです。したがって、毛穴の汚れとともに、角質の潤いも洗い流す力が強いのです。脂性肌でお悩みの男性にはぴったりですが、乾燥対策もしっかり行いましょう。

ポイント②: お肌への優しさ

主成分の一つであるラウリン酸には、皮膚刺激性が認められていますが、一方で、添加物の配合は抑えられているため、アレルギー等で肌に合わない方を除いて、肌への負担は保湿ケアで補えると判断します。

ポイント③: 泡立ち・使用感

資生堂メン クレンジングフォーム・泡立ち
資生堂メン クレンジングフォーム・泡立ち

石鹸系洗浄成分のミリスチン酸・ラウリン酸が配合されているため、泡立ちは非常にいいです。香りはないため、個人的にはすっきりと使用できます。

ポイント④:成分

資生堂メン クレンジングフォーム・全成分

炎症を抑える成分「グリチルリチン酸2K」が配合されています。配合量によっては、医薬部外品にもなる成分です。洗浄力の高さも相まって、ニキビ肌や肌荒れの方には相性のいい洗顔料でしょう。

ポイント⑤: コスパ

シンプルな配合成分で、多少の物足りなさはあるものの、税込1,404円は嬉しい価格ですね。

洗顔選びの道しるべ

良くも悪くも、皮脂をしっかり落とす洗顔料です。同じような配合成分で、これより割高の商品はたくさんなるので、お買い得な商品です。肌に優しいという感じはないので、乾燥肌・敏感肌の方は購入前によく検討しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です