【熱中症対策】熱中症にならないための対策とおすすめのグッズ10選

暑い夏場、最も注意すべきことは熱中症です!いくら健康的な方でも、熱中症リスクは意識すべきなのです。 暑い季節も元気に健やかに過ごすことができるよう、ここでは熱中症の原因とおすすめの対策・グッズをまとめてご紹介していきます。

熱中症の原因は水分と塩分不足

熱中症の原因は水分と塩分不足 熱中症は、夏などの特に暑さを感じる季節に起こる、カラダとココロの不調といわれています。 暑い季節は、気温の上昇・湿気の多さによって、体内に余分な熱がこもり、それを発散させるために汗をたくさんかくようになります。 汗のかきすぎによって、体内に溜め込まれていた健康に必要な栄養素、水分・塩分がどんどん失われてしまうため、体調を調節する機能が乱れてしまうことが、熱中症の大きな原因といわれています。

熱中症の症状

熱中症の症状 熱中症の症状は、比較的症状が軽いものと、中度、重症な場合の3つののケースがあります。

・熱中症の症状が軽い状態:呼吸や脈がいつもよりも早くなっているように感じる、唇のしびれ、立ちくらみなど

・熱中症の症状が中度の場合:頭痛や気分の急激な変調、吐き気や倦怠感

・熱中症の症状が重傷な場合:中度のトラブルに合わせて、嘔吐や失神、けいれんや高体温、立ち上がることも歩くこともできなくなる

熱中症の症状である軽度・中度・重傷のレベルを押さえておくと、自分自身や大切な人が熱中症になった場合でも、適切な処置ができるため、カラダとココロの敏感な変化を常に意識するようにしましょう。

注意すべき時期と環境

熱中症というと、湿気が多く高温な夏に多いというイメージを持ってはいませんか? 実は熱中症は、その環境に何らかの要因がある場合、季節には関係なく起こってしまうことがあるのでご注意を。 熱中症がもっとも多いのは、7月から8月の真夏で、気温が高い日が続いている時期。 この時期は、夜になっても気温が下がらないことで、体温調整ができずになり、熱中症にもっともなりやすい時期といわれています。 また、6月から7月にかけての、梅雨時期や梅雨の晴れ間は、カラダと神経が暑さに慣れていないこともあり、放熱量が低くなるため、熱中症に要注意の時期とされています。 また、熱中症になりやすい環境には、季節にかかわらず、次のようなケースが報告されています。 ・スポーツ中:x比較的涼しい季節でも体温が上がり、発汗によって水分や塩分が失われてしまうため ・登山など:山は陸地よりも天候が変わりやすく、体温調整の要となる自律神経のバランスが崩れ、熱中症になりやすい ・室内:節電対策やコストカットのため、暑さを感じてもクーラーをつけなかったり、家にいる分には安心という間違った意識を持つことが多いため

熱中症になりやすい方の特徴

熱中症になってしまうと、ややしばらくは安静にすること、その状態によっては、専門的な機関にて治療を受けたり、入院するケースもめずらしくはありません。 すると、せっかくの楽しみにしていたイベントに参加できなくなったり、仕事の効率が滞ってしまうなど、たくさんのメリットが…。 誰にでも起こりえる熱中症ですが、次のような特徴のある人の場合は、特に注意・日ごろの徹底した予防ケアが必要になります。

・痩せ型で筋肉量が少ない人:筋肉には、余分な熱を発散させる作用があるため、痩せていて筋肉量が少ない人ほど、この作用が機能しにくくなる

・栄養バランスが乱れている人:水分や塩分、日々の食事から摂取できる栄養バランスが崩れていると、体力が消耗しやすくなったり、免疫力が低下するため、熱中症になりやすい

・肥満体質の人:余分な脂肪が体内に蓄積している人は、熱を逃がす作用が機能しづらくなり、熱がこもりやすくなることで熱中症になりやすい

熱中症対策の方法

ここからはさっそく、日々手軽にできる、熱中症対策の方法をまとめてチェックしてみましょう!

喉が渇いていなくてもこまめに水分を摂る

喉が渇いていなくてもこまめに水分を摂る 汗をかいていなかったり、喉が渇いていないと感じても、体内の水分はちょっとしたきっかけで減少してしまう性質があります。 また、いつもよりも尿の色が濃く感じたら、体内の水分量が足りていないサインとなるため、30分~1時間に1回の割合でこまめに水分を摂取するように心がけましょう。

環境作りにも意識を向ける

熱中症は、外ばかりではなく、自宅やオフィスでも起こってしまう、とても怖いトラブル。 そのため、扇風機やクーラーなどを活用し、適度な気温や湿度を維持するように心がけると、家でも心地よく、オフィスでは快適に効率よくお仕事を進めていくことができます。

ミネラル入りの麦茶がおすすめ!

専門家やドクターから推奨されている、熱中症に最適な飲み物は、ずばり麦茶! 麦茶には、熱中症対策に必須の水分と塩分などがバランスよく含有され、ミネラル入りの商品をピックアップすることで、スムーズに体温調整できるメリットがあります。

適度な運動で筋肉をつけよう

ウォーキングや軽い筋トレ、ストレッチなどを習慣にしていると、丈夫な筋肉が育成でき、今ある筋肉の成長にも一役買ってくれます。 筋肉のついた健やかなカラダは、暑い日でも余分な熱を逃がし、エネルギッシュに過ごせるメリットがあるため、自分自身の体形の見直しにも意識を向けてみましょう。

おすすめ熱中症対策グッズ10選

熱中症は、どんなにカラダが丈夫で健康的な人であっても、ちょっとの油断で起こってしまうトラブル。 暑い季節もパワフルに、健康に過ごせることができるよう、ここからはさっそく、おすすめの熱中症対策グッズをずらりと集めてご紹介していきます!

ファインイオンドリンク

ファインイオンドリンク
価格 377円
商品詳細・特徴 ・熱中症対策に必須の水分補給を手軽にチャージできる
・カルシウムやビタミンC配合でカラダの内側からも熱中症対策
・太りやすい糖分はいっさい使用ゼロ!ダイエット中も安心

冷却タオル2枚セット

冷却タオル2枚セット
価格 2枚セット1,080円
商品詳細・特徴 ・ピンクとブルーのカラバリで、カップル一緒に熱中症対策ができる
・肌ざわりバツグン!薄くて軽いから、旅行先の熱中症対策にも◎
・濡らすだけで気化熱が発しひんやり!すぐにクールダウンできる

クールベスト

クールベスト
価格 2,180円
商品詳細・特徴 ・3~6時間もの冷却機能が作用!現場で働くメンズにもおすすめ
・吸水性バツグン!汗や体内に籠もった熱をスピーディーに排出
・薄くて軽いから、ジャケットやTシャツの中に着ても目立たない

OPOLAR充電式爽快ジェットファン

OPOLAR充電式爽快ジェットファン
価格 2,299円
商品詳細・特徴 ・持ち運びできるクーラーのようなお役立ちアイテム
・静かさ重視の性能だから、まわりに迷惑をかける心配がない
・ベルトや服にクリップで止めるだけのカンタンな使用法!すぐに全身を涼しくしてくれる

山善 熱中症対策13点セット

山善 熱中症対策13点セット
価格 4,270円
商品詳細・特徴 ・熱中症発生時に必要なアイテムがすべて揃っている
・高度救命センターの監修だから安心、高品質
・はじめての人にも安心!わかりやすいイラスト図解付き

Kodi ひんやり枕

Kodi ひんやり枕
価格 1,780円
商品詳細・特徴 ・眠っている間でも起こりやすい熱中症を未然に防ぐ
・頭と首を包み込むようにクールダウン!熱中症対策はもちろん、発熱時も使える
・体温を無理なく自然に8℃も下げるから、寝苦しい夜も良質な睡眠がとれる

O.R.S 経口補水塩タブレット(レモン)12タブレット入り

O.R.S 経口補水塩タブレット(レモン)12タブレット入り
価格 1,820円
商品詳細・特徴 ・汗や熱によって失われやすいカリウムをバランスよく摂取できる
・レモンのフレッシュなフレーバーで美味しく、飽きがこない
・水分補給できないシーンでも、舐めるだけでカンタンにうるおいを補える

ミドリ安全 塩熱サプリ

ミドリ安全 塩熱サプリ
価格 583円
商品詳細・特徴 ・表面だけじゃ熱中症対策にならない!内側にも水分と塩分を溜め込むレアなサプリ
・6種の電解質をブレンド!熱中症予防に必須の成分を補える
・サプリメントなのにリーズナブル!お試し的に購入したい人にもおすすめ

マウンテンハンター サファリハット

マウンテンハンター サファリハット
価格 1,880円
商品詳細・特徴 ・UPF50+ UV カット 率 99.9%以上
・折り畳みができる軽量タイプで、持ち運びにも便利
・防汚性・速乾性・摩擦強度に優れる

シチズン コードレス温湿度計

シチズン コードレス温湿度計
価格 4,343円
商品詳細・特徴 ・簡易熱中症指標表示:「注意」、「警戒」、「厳重警戒」、「危険」の4段階表示
・わずらわしい設定は不要、電池を入れるだけで測定を開始します
・屋内でも屋外でも離れた場所の温湿度をモニタリングできる

まとめ

熱中症対策におすすめの商品はどれも、購入しやすいリーズナブルな価格のモノばかりで、よりオトクな情報を知ることができたのではないでしょうか? 熱中症になってしまうと、回復までには、イメージしているよりも長い時間がかかってしまうことが…。 ぜひ、未然に熱中症を予防できるおすすめの対策・グッズで、暑い日でも健やかに、爽やかな笑顔でお過ごしくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です