【最新版】電動歯ブラシの選び方・おすすめブランド、商品を詳細に紹介

電動歯ブラシに興味はあるもののいざ使おうと思ったら種類が多すぎてどれを選べば良いのか迷ってしまいませんか?また、そもそも歯磨きするのに電動歯ブラシって必要?と電動歯ブラシが気になるものの疑問に思っている人もいると思います。そこで、電動歯ブラシの選び方、人気のある電動歯ブラシを紹介します!

電動歯ブラシと一般の歯ブラシとの違い

電動歯ブラシと一般の歯ブラシとの違い 歯を磨くという目的は同じでも電動歯ブラシと一般の歯ブラシは違いがあります。 それぞれ、使用する人の好みや歯や歯茎の状態、生活環境によって向き不向きとメリット・デメリットがあります。 まず、電動歯ブラシを使った時に感じるメリット・デメリットを見ていきましょう。
メリット
・歯磨きにあてる時間が約2分程度と短い
・手の届きにくい部分の汚れを落とすことができる
・歯全体をキレイにそしてつるつるに磨くことができる
歯磨きの時間は短くてもしっかりキレイに磨くことができるという点は最大のメリットと言えます。
デメリット
・振動に慣れるまで違和感を感じる
・デメリット電動歯ブラシによっては歯や歯茎を傷める
・デメリット価格が高い
電動歯ブラシを使った時のデメリットは、どの電動歯ブラシを使うのかによって歯や歯茎に影響を与える可能性がある、また、一般の歯ブラシと比較すると、やはり価格は高いという部分はデメリットと言えそうです。
次に一般の歯ブラシのメリットは、
メリット
・歯ブラシの価格がとにかく安い
・自分の歯に合わせた歯ブラシを選ぶことができる
・歯磨き粉を使うのでさっぱりする 
デメリットは、
デメリット
・きちんと隅々まで磨けているのかわからない
・きちんと磨こうと思うと時間がかかる
などです。一般の歯ブラシで行なう歯磨きは、人それぞれの磨き方次第で大きな差があります。
このようにどちらも一長一短あることがわかりますが、短い時間で確実に歯を隅々までキレイにしたいと思ったら、やっぱり電動歯ブラシに挑戦してみることをおすすめします。

電動歯ブラシの選び方

電動歯ブラシの選び方 電動歯ブラシと一般の歯ブラシそれぞれのメリット・デメリットと特徴を知った上で、改めて電動歯ブラシを使ってみたいと思ったら、早速、電動歯ブラシを選んでみましょう。 毎日使うものだからこそ、その特徴をしっかり理解して選ぶようにしましょう。

歯ブラシを動かす駆動方式で選ぶ

駆動方式によって電動歯ブラシは、使い心地や洗い心地に違いが現れます。そのため歯ブラシを電動で動かす方式とその特徴を理解した上で自分に良さそうなものを選ぶようにしましょう。

振動式

ブラシの部分が電動で動くことで歯を磨くことができるので、一般の歯ブラシのように自分の手で動かして歯を磨く必要はありません。 電動歯ブラシと言われるものの中では、安いものなら1,000円前後で購入することができるものもあります。 ただし、完璧に歯垢を落とすことができるのかと言ったら残念ながらそこまでの効果を期待することはできません。

回転式

ブラシの部分が回転して動くタイプの電動歯ブラシで、ブラシの部分が丸型となっているものが多いです。 一般的な歯ブラシのようにしっかり磨きたい。磨いてる感を実感したいという人におすすめです。 しかし、ブラシが回転して動く力が強い分、歯茎に刺激や負担が強くかかったり、歯に伝わる振動も想像以上に強く感じてしまいます。 そのため、実際に使ってみると好みが大きく分かれてしまう傾向が強く、歯茎への刺激が心配という人や、振動が気持ち悪い、怖いという人には適していません。 もともと力強く自分で歯磨きをするタイプの人は大満足できる電動歯ブラシと言えます。

音波式

音波の振動によって気泡や水流が発生するため、毛先があたっていなくても汚れを落とすことができます。 強い振動や刺激を歯や歯茎に加わることがないので、振動や歯茎が傷むことを心配する人は安心して使用することができます。 振動式や回転式と音波式の歯ブラシの大きな違いは、歯垢を落とすだけではなく、虫歯の原因となる細菌を断ち切ることができます。 音波式のその効果をさらに高くしたものを超音波式と呼び、細菌の断ち切りと、新たな細菌が付着しづらい歯にすることができます。

機能面をチェック

機能面をチェック 電動歯ブラシには、ただ歯を磨くというだけではなく毎日便利に使うことのできる機能が搭載されているかどうかも重要となります。 どんな機能があるのかをチェックすることも忘れないようにしましょう。 電動歯ブラシに必要不可欠な機能と言えば防水機能です。防水機能はついていて当たり前と思うと思いますが、ブラシのある部分以外の、手で持つ部分などの本体部分は防水機能となっていないものもあります。 ブラシ部分だけではなく電動歯ブラシ全体を定期的に水洗いすることができる方が、口の中に入れて使うものなので安心です。 電気を使用して使うので防水機能が搭載されているものを選ぶようにしましょう。

タイマー機能

電動歯ブラシの中にはタイマー機能が搭載されているものがあります。キレイに磨くことのできる最適な時間と終了時間を知らせてくれる他にも、次の歯を磨くタイミングもタイマーで知ることができます。 また、つい磨きすぎてしま人にとっては、歯茎や歯を傷めないためにもタイマー機能はとても重要です.

スマホ連動機能

今使っているスマホのBluetoothを利用してスマホと電動歯ブラシを接続する「スマホ連携機能」を利用すれば、ブラシを歯に押し付け過ぎを知らせてくれたり、磨く場所を知らせてくれるなど歯磨きを効率よく確実に行なうことができるようになります。 子ども用の電動歯ブラシで利用すると、キャラクターが登場し、歯磨きのポイントやアイテムのプレゼントなど楽しみながら歯磨きに取り組むことができるようになるシステムも利用することができます。

おすすめの電動歯ブラシブランド

電動歯ブラシといえばこのブランド!というくらい、いくつかのメーカーから使い勝手の良い電動歯ブラシが販売されています。それぞれのブランドの特徴を見ていきましょう。

パナソニック

パナソニック 大手電機メーカーとして有名なパナソニックから販売されている電動歯ブラシは、歯茎の負担を減らしてキレイに磨くことのできる音波振動の「ドルツ」と、どこにでも持ち歩いて使うことのできる「ポケットドルツ」が人気。 横振動やたたき振動など「ダブル音波振動」を採用することで磨き残しのない歯磨きを実現することができると、機能性にも優れている電動歯ブラシを提供しています。

ブラウン

ブラウン  
電気シェーバーなど小型電気器具メーカーとして有名なドイツのブラウン。歯1本1本を丁寧に磨くことのできる回転式を 採用しています。替えようのブラシが豊富にあるので、歯に合わせて使い分けることができます。ブラシの種類には、 ・・やわらか極細毛ブラシ
歯間ワイパーつきブラシ
マルチアクションブラシ

などがあり歯磨きにこだわりたいという人にピッタリ。

フィリップス

フィリップス  
日本の歯科医師や歯科衛生士で利用している人が多いという電動歯ブラシとして有名な「ソニックケアー」は、フィリップスというオランダの電気機器関連メーカーから販売されています。フィリップスから販売されている電動歯ブラシは、高速振動から発生する音波水流によって、歯に付着した歯垢を歯茎や歯に負担をかけることなくしっかり取り除いてくれます。高速振動で加えられる振動は毎分約3万1,000回という多さのため、歯垢だけではなく、コーヒーやタバコなどの着色汚れにも作用します。白い歯を目指したいという人にピッタリのブランドです。

オムロン

オムロン 電子体温計や血圧計などが有名なオムロンは、京都に本社のある電気機器メーカーです。オムロンから販売されている電動歯ブラシは、どんな人の手にもフィットしやすい細身のデザインが特徴で、音波式のもの提供しています。おすすめの電動歯ブラシ 最後に今購入するなら絶対これがおすすめ!という電動歯ブラシをいくつか紹介していきます。

ブラウン 電動歯ブラシ「GENIUS 10000(ジーニアス10000)」 D7015266XCMBK

ブラウン 電動歯ブラシ「GENIUS 10000(ジーニアス10000)」 D7015266XCMBK
価格21,803円
機能駆動方式:回転式
防水機能:あり
タイマー機能:なし
スマホ連動機能:あり
その他特徴的機能:充電式
特徴 日本歯科医師会が推奨する電動歯ブラシ
歯垢除去力は手磨きと比べると99.7%以上も向上
歯の特徴に合わせた替えブラシが豊富
歯磨きの目的に合わせて6種類からモードを選ぶことができる
240Vまで対応しているため海外旅行でも安心

パナソニック 電動歯ブラシ ドルツ 白 EW-DL54-W

パナソニック 電動歯ブラシ ドルツ 白 EW-DL54-W
価格12,987円
機能駆動方式:音波振動
防水機能:あり
タイマー機能:あり
スマホ連動機能:なし
その他特徴的機能:用途に合わせた3つの機能搭載、パワー機能搭載
特徴 歯科医師推奨の「横磨き」と「リニア音波振動」に対応
シリコンブラシを搭載し歯茎の負担を軽減
海外の電圧にも対応
付属ブラシが4本ついている
ノーマルモード以外に、ソフトモード、ガムケアモードを搭載

オムロン 電動歯ブラシ「Mediclean(メディクリーン)」 HT-B324

オムロン 電動歯ブラシ「Mediclean(メディクリーン)」 HT-B324
価格13,499円
機能駆動方式:音波式
防水機能:あり
タイマー機能:あり
スマホ連動機能:なし
その他特徴的機能:オートパワーオフ機能、歯磨き時間ナビタイマー
特徴 ブラッシングモードは4種類。
11度のアングルヘッドにより、奥歯の奥まで届く
歯周ポケットケアに必要な45度の角度を光で知らせる機能搭載
振動幅を減少させ飛び散りを防止

フィリップス 電動歯ブラシ「sonicare EasyClean(ソニッケア ダイヤモンドクリーン)」 HX9304/08

フィリップス 電動歯ブラシ「sonicare EasyClean(ソニッケア ダイヤモンドクリーン)」 HX9304/08
価格14,480円
機能駆動方式:振動式
防水機能:あり
タイマー機能:あり
スマホ連動機能:あり
その他特徴的機能:着色汚れ除去、強弱切替、USB充電
特徴 海外電圧使用可能
手磨きよりも10倍の歯垢除去力
歯茎にも効果があり!約2週間でその効果を実感することができると人気
舌の汚れも除去することができる

ブラウン 電動歯ブラシ「すみずみクリーンキッズ」D12513KPKMG

ブラウン 電動歯ブラシ「すみずみクリーンキッズ」D12513KPKMG
価格1,643円
機能駆動方式:回転式
防水機能:あり
タイマー機能:あり
スマホ連動機能:あり
その他特徴的機能:スマホと連動することでポケモンをゲット!
特徴 3歳から使用することができる安全設計
子どもの歯の特徴にマッチしているからこそ磨き残しを防止
世界の歯科医が推奨する電動歯ブラシ
短時間で簡単に歯磨きすることができると人気

まとめ

電動歯ブラシと言っても種類が豊富にあるため何を選べば良いのかわからないという人も、何となくこれがいいかな?という電動歯ブラシを見つけることができたでしょうか?まずは使ってみたいと感じた電動歯ブラシを実際に使ってみると電動歯ブラシの良さがわかると思います。同じ歯ブラシでも使い心地はもちろん、磨いた後の歯のキレイさが違うので、ぜひ電動歯ブラシを使ってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です