【動画あり】大人も見直したい正しい歯磨き(ブラッシング)方法・必要性を詳細に解説

歯みがきをする必要性

習慣的に行う歯磨き、なぜやるべきか必要性について考えたことはありますか。歯磨きは虫歯や口臭予防だけでなく、口内の健康を維持するためにとても大切です。700種類ほどの細菌が口のなかに住んでいるといわれ、菌のバランスが崩れると歯周病や虫歯などを引き起こします。細菌は歯垢のなかに多く存在していますので、毎日の歯磨きは歯や歯茎を健康で丈夫にするために欠かせません。

歯周病とは?

歯周病は「沈黙の病気」といわれるように、自覚症状がなく進行する厄介な病気です。歯肉近くの歯の表面に歯垢が溜まりそのまま居座ってしまうと、様々な細菌により歯肉が炎症を起こします。 時間が経過するとともに歯と歯肉の間に隙間が生まれ歯周ポケットができてしまいます。このポケット内で発生する歯周病原生菌により歯茎の腫れ、出血、また歯を喪失するほど悪化することも。 近年歯周病は糖尿病や心臓疾患などの病気に影響を与える可能性も注目され、健康のために口内ケアはとても大切といえるでしょう。

歯周病の原因

歯周病の原因
歯周病の原因は「歯垢」です。歯垢は生きている細菌の塊で、ジメっとした酸素の少ない場所を好む傾向があり、歯と歯茎の隙間に潜んでいます。歯垢(プラーク)が残る原因は歯磨き習慣、歯並びの悪さ、悪い噛み合わせなどの局所的な要因だけでなく、運動不足やストレス、睡眠不足、喫煙、食生活などの生活習慣も全身的なリスクファクターになります。歯周病を放置すると全身疾患に進行する恐れがありますので、早期発見と対策がとても重要です。

歯周病 予防・対策ポイント

歯周病になった場合のアプローチは大きくわけて3つ。歯周病菌をなくすこと・自身の免疫力を高める・噛む力の3点を意識してまずは自分でできることから積極的に改善を始めましょう。 とくに毎日の習慣として行う歯磨きは歯周病菌に対して有効なアプローチ方法です。毎日やっているからと安心する方がほとんどだと思いますが、正しい歯磨き方法を知らない人が圧倒的に多いともいわれていますよ。歯周病の予防と対策は「正しい歯磨き」を習慣的に続けることなのです。

正しい歯磨き

歯磨きは口内の状況に合わせて行うことがとても重要です。たとえば歯茎の炎症により痛みを感じている人は、無理せずその状態に合わせ歯ブラシを変えるなど。歯周病は歯茎に近いところで菌が増殖しますので、歯周病予防のためには歯茎の周辺を丁寧に磨くことがコツです。歯周病の原因菌はプラークやバイオフィルムと呼ばれる粘着質の高い菌のなかに潜んでいます。しっかり菌を取り除くためには歯の根元に歯ブラシがあっているか鏡を見ながら歯磨きすることをオススメします。さらに歯間ブラシやフロスも必ず使いましょう。

自身の免疫力

免疫力が低下すると風邪をひくなど全身が弱くなります。歯周病は生活習慣病のひとつといわれるように、歯周病になりやすい生活スタイルを改善することが大切です。 免疫力を高めるには十分な睡眠をとること。さらにストレスも歯周病の菌に抵抗できない要因になります。免疫力はバランスのよい食事で丈夫な体作りをすることも必要ですし、さらに喫煙習慣は歯周病を治すためには禁煙することは必要不可欠になるでしょう。

噛む力

歯周病が進行すると骨が減り歯を支える力が低下します。食事中の噛む力に配慮することが大切で、無意識にやっている歯ぎしり、噛みしめ行為も注意が必要です。 食事中は自分で噛む力を意識できますが、睡眠中の歯ぎしりなどは家族に聞いてみることも方法です。起きた後に顎が痛い、口が開けにくいという方も注意が必要です。 さらに歯周病になったらガムを噛むことは避けましょう。できるだけ歯を支える骨に負担をかけないことが噛む力に対する心掛けです。

歯磨き粉はあまりつけない方がいい?

歯磨き粉
歯磨き粉は小量がよいといわれる理由は、歯磨き粉の作用でしっかり歯を磨いた気分になってしまうためです。かつては正しくブラッシングするために歯磨き粉を使わない人も。 たっぷり歯磨き粉を使うとしっかり磨かなくても汚れが自然と消えるような誤解を招いてしまいますよね。しかし現在は歯磨きの質が飛躍的にアップし、フッ素入りなど虫歯予防や口内ケアに有効な成分配合されたタイプが増えています。歯磨き粉は2センチ程度多めに使用すること。歯磨き粉の特徴を理解して正しい歯磨き習慣にプラスすることが重要ですね。
おすすめの歯磨き粉について知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

うがいはできるだけしない方がいい?

うがいはできるだけしない方がいい?
歯磨き粉の作用を最大限に発揮するためにも、フッ素などの成分はできるだけ口の中にとどめることがコツです。うがいはしないほうがいいといわれますが、歯磨き粉が口内の残ったままでは不快ですよね。しっかり口をすすぎ歯磨きをした時代とは異なり、できるだけうがいをしないことが歯を丈夫にするコツ。必要最低限のうがい、できれば1回を限度にするととても効果的な歯磨きができます。

歯みがきの方法


歯磨きの方法は自分の癖があり、間違ったまま磨き残しに気付かず続けていることがあります。これからは正しい歯磨き方法の基本スタイルを理解して、改善すべき点を見つけてください。正しい歯磨き方法を行うと虫歯の予防や歯周病予防、また改善にもなるでしょう。

歯ブラシの持ち方

歯ブラシの持ち方
歯ブラシの持ち方はどんな方法でもよいわけではありません。持ち方によっては過剰な圧がかかり歯や歯茎に余分な負担をかけてしまうことがあります。正しい持ち方は鉛筆を握るペングリップにすること。無駄な力が入りにくいので歯茎に余分な負荷がかからず安心です。 歯ブラシを選ぶ際に握りやすいハンドルタイプにすることも良いでしょう。自分の口にあった歯ブラシ選びは正しい歯磨きにも大切なポイントになります。

ブラッシング時の力加減

ブラッシング時の力加減
ブラッシング時の力の入れ方は皆さん異なりますよね。強くゴシゴシブラシをあてるほうがきれいに汚れは落とせるイメージがあります。しかし圧がかかりすぎると歯茎を痛めることもありますので、目安は歯ブラシの毛先が広がらない程度がオススメ。磨く力は150ℊ~200ℊ程度、毛先がつぶれるほどごしごし磨かないこと。プラークは優しくブラッシングするだけでも取れます。

奥歯のかみ合わせ面のみがき方

奥歯のかみ合わせ面のみがき方
奥歯のかみ合わせは歯ブラシが届かない部分。奥から手間に引くように磨くと隙間まで綺麗に磨けません。歯ブラシは小刻みに動かし、横や内側からも磨くこと。この際に頬っぺたをゆるくしてスペースを作ると歯ブラシが動かしやすくなります。 奥歯の届きにくいところは歯ブラシのつま先を使い、小刻みに動かしてください。また歯ブラシのかかと部分も上手に使い、奥歯同士の隙間部分もしっかり磨きましょう。

歯の表側のみがき方

歯の表側は人に見られやすい部分なのでつい力を入れてゴシゴシ磨きたくなりますよね。しかし無理な磨き方は歯のエナメルや歯茎を傷める可能性がありますので、丁寧に優しく歯ブラシを左右に小刻みに動かすことがコツです。 奥歯は歯ブラシを横にして歯並びに沿って磨くこと。歯の表面は1本の歯につき10秒以上ブラシをあてることが理想といわれています。歯の表側の磨き方はスクラビング法とバズ法の二つがありますので、それぞれの違いや特徴を理解してブラッシング習慣にプラスしてください。

スクラビング法

スクラビング法
歯ブラシの毛先を歯に直角にあてて磨くスクラビング法は小刻みに前後及び左右に歯ブラシを動かすことがコツです。しっかり磨くためにもまとめて歯ブラシを動かすのではなく、1本ずつ丁寧に行い終わったら隣の歯に移動します。スクラビング法は歯面と歯と歯茎の間に詰まる歯垢をもみだすようなイメージで。力を入れすぎないように注意してゆっくり磨いてください。歯が健康な方にオススメの磨き方です。

バス法

バス法
バス法とは歯と歯茎の間に45度の角度で歯ブラシの毛先をあてて磨く方法です。ブラシの毛先が歯茎の間に入るようなイメージ。歯ブラシを小刻みに動かし振動させながら磨きましょう。歯と歯茎の間に詰まる歯垢をとり、さらに歯茎のマッサージ効果がありますので歯周病予防にも有効な磨き方です。

奥歯の裏側のみがき方

奥歯の裏側のみがき方
奥歯の裏側は前後に小さく歯ブラシを動かしながら磨きます。さらに歯ブラシを斜めにして裏側にあてると根元まで毛先があたり綺麗に磨くことができます。奥歯の裏側は下からすくいあげるようにして磨く人もいますが、これでは歯の隙間にある三角形のスペースまで届きません。裏側は左右や上下に細かく歯ブラシを動かして丁寧に磨きましょう。 奥歯の裏側は歯垢がたまりやすく、しかも届きにくい特徴があります。口を開き気味にすると磨きやすくなりますよ。左利きの人は左の奥歯、右利きの人は右の奥歯を意識すると磨き残しが減るでしょう。

前歯の裏側のみがき方

前歯の裏側のみがき方
前歯の裏側はプラークや唾液中のカルシウムが溜まりやすい部分。歯ブラシは左右に動かすと歯と歯の間にブラシがあたりません。また歯の先端にしか歯ブラシがあたらないこともよくあります。 歯ブラシの平の面で1本ずつ磨くことがコツ、歯ブラシを縦にすると磨きやすくなりますよ。歯ブラシの先端や角などをうまく使い、上の前歯裏側は歯ブラシのハンドル部分を下あごに近づけるように。下の前歯裏側は歯ブラシを持ち替えて先端を使い磨いてください。

まとめ

この記事で紹介しております歯磨き方法はあくまで一般的に推奨されている歯磨き方法です。しかし、人によって歯並びの違いなど、適切な歯磨き方法が異なることもあります。そのため、この記事で紹介している歯磨き方法でもしっくり来ない方は、歯医者で相談していみることをおすすめします。 丁寧に歯磨きをして、いつまでも健康的な歯をキープしていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です